NURO光を利用するには開通工事が必要です。宅内と宅外工事と2回工事を行うのでNURO光は開通工事が遅く「1~2ヶ月」かかると言われています。

また開通工事日も高そうですよね…。

でも実はNURO光の工事は「無料で開通」する方法があるんですよ!その秘密を大暴露しちゃいます!

NURO光の開通工事は40,000円!?

NURO光の開通工事は
合計40,000円(1,334円×30回払い)です。

他の工事費と比べると結構高めですがNURO光は公式で「工事費実質無料キャンペーン」を実施しています。つまり40,000円の工事費がタダってことです!こちらの工事費無料キャンペーンは公式から申し込んでも、代理店から申し込んでも適用されます。

NURO光は「G2 V」ならプロバイダーや無線LAN、セキュリティサービス込みで月額料金4,743円です。今なら月額料金を1年間2,980円に割引するキャンペーンも適用中!

NURO光は工事費実質無料で開通できます!

NURO光は工事が遅い!?開通までに1~2ヶ月?

NURO光は1回目に宅内工事を行い、その後NTTが宅外工事を行うことで利用できるようになります。その期間は公式でも1~2ヶ月かかると銘打ってあるのです。つまり早く使いたい人にはあまりおすすめできないかも?

また東海・関西では準備が整っていなく更に「1~2ヶ月」要する場合もあるんだとか?

実際にNURO光の工事費が遅いと嘆いている口コミ・評判は多い。

NURO光の開通工事の流れ

NURO光はどのような工事を行うのでしょうか?

開通工事の流れをご紹介します。

申し込み、工事希望日を選択

NURO光を申し込み工事希望日を選択すると3~4日後に宅内工事日の決定が携帯番号あてSMS、またはSo-netメールアドレスに送られます。希望日を選択しない場合は10日後にオペレーターから電話が来るようです。

宅内工事を行う

宅内工事は「お客様の立ち会い」が必要みたいです。NURO光では「光キャビネット」という機器を壁に取り付ける必要があります。取り付けは「最低3箇所に4mm程度のビス」を留めます。

また光キャビネットから宅内の光ケーブルへ入線します。こちは「外壁にビスで留める、または両面テープの2種類」あり、ご都合に合わせて選べます。また解約後の穴開けした箇所の穴埋めサポートも完備。

宅内から宅外へ光ファイバーを通す電話線等の穴が無い方は新規で穴開けを行います。

宅外工事を行う

宅内工事が終わったら、工事日を調節します。

工事日決定までには30日程度かかることがあります。

宅外工事も「お客様の立ち会い」が必要で電柱から光ケーブルを引っ込み、外壁に引留金具を取り付け、光ケーブルを固定します。ビスの目安は2~4箇所です。

電柱から引き込んだ光ケーブルを宅内の光キャビネットにつなげます。

これで全ての工程は終わりで、インターネットを楽しめます。

NURO光の注意点|事前に書くにすること

NURO光は借家や賃貸の場合「勝手に工事を行う」事はできません。また現時点で回線を契約している人も開通後に解約手続きを行う必要があります。

ではNURO光の開通工事の注意点をご紹介します。

借家・賃貸の場合はオーナーに確認

借家や賃貸の場合は勝手に宅内/宅外工事を行えません。建物によっては壁に穴を開け無くてはいけないので、それを所有者の許可無くを行うことはできないので必ずNURO光を開通する時は何箇所穴を開けビスで固定する旨を伝えて下さい。

オーナーがインターネットについてよく知らない場合は電柱から電話線を引っ張る工事をしたいと言えば通ると思うので伝え方も工夫しましょう。特に工事という言葉を使うと重いイメージを持たれるかも知れません。

元回線の解約

色々調べてみると宅内/宅外工事を行っている最中でも元の光回線は利用できるとの噂です。ただ工事方法によっては使えない場合がありますがその場合でもNURO光ではPocket WiFiを1日単位でレンタルしているので問題ありません。

元回線に基づいて解約手続きを行って下さい。

NURO光の工事は遅いがPocket WiFiをレンタル可能なので安心!

NURO光は引越し先で開通しようと思うと、開通するまでWi-Fiが使えないという現象が起きます。しかしNURO光は開通までPocket WiFiを格安でレンタルしているので開通前でもインターネットを快適に利用可能!

工事は1~2ヶ月かかるけど、2Gbpsの超高速光回線です!!